« はじめまして | トップページ | 新たなスタート »

とっつきやすい人は、一生得をする

こんにちは
今回ブログを担当させていただく奥原です。よろしくお願いします。

最近、一冊の本を購入しました。
タイトルは、「平林都の接遇道」
最近、テレビで見かける、恐い?接遇の先生の本です。

その中で、タイトルの言葉が書かれていました。

なんか、あの人、付き合いやすくて良いなと人に
可愛がられたり、頼りにされたりする人って
いますよね

本の中で書かれていたとっつきやすい人の3条件
① 笑顔の人
② 自分から挨拶する人
③ 自分から動く動作が見られる人

①、②は分かるけど、③がなぜとっつきやすい人の
条件となるのかな?という感じですが、本にはこの様
な例が挙げられていました。

Aさんのお葬式があったとして、Aさんと親しかったからこそ、
一人隅で座っているBさんと、
Aさんとは顔見知り程度だったので、じっとしているのも
落ち着かずに、手伝いを申し出て動き回っているCさん。

周りの人は、Aさんを偲ぶ「心」はない、Cさんの方が、
「あの人はよく働いて感心だな」と思われる。

要は、人は、「心」ではなく、「動いている姿」こそ、他人の口に
のぼるのが常ということです。

私たちが、どんなにお客様のお役に立ちたい
と思っても、それは、行動をしてこそ、伝わるもの。

改めて、どうお客様のお役に立って共に戦って
いくかを考えさせられる言葉だなと思いました。

|

« はじめまして | トップページ | 新たなスタート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とっつきやすい人は、一生得をする:

« はじめまして | トップページ | 新たなスタート »